2011年01月04日

「渋の泡石けん」で加齢臭の原因を防ぐ

加齢臭には「皮脂汚れ」「バクテリア」「肌の疲れ」の
3つの原因があります。

加齢臭は、これらが重なりあって発生しています。

毛穴などに詰まった皮脂汚れに、バクテリアが繁殖し
「ノネナール」という悪臭成分を生み出します。

この「ノネナール」から感じられる悪臭が「加齢臭」なのです。

そして私たちの肌は、40才を過ぎた頃から、疲れやストレスの影響を
受けやすくなります。肌が疲れると、皮脂汚れも溜まりやすく、
バクテリアに対する抵抗力も弱くなっています。

つまり悪臭を放つ「ノネナール」を発生しやすい状態なのです。

このような事から加齢臭を防ぐには、3つの原因によって
発生する「ノネナール」に対処することが必要となります。

そこで加齢臭を防ぐために開発された泡が「渋の泡石けん」です。

加齢臭を防ぐには、この「ノネナール」の発生を防げば良いのです。

しかし、その為には普通に洗っているだけでは
難しいので「渋の泡石けん」の登場です。

研究開発によって生まれたのが柿渋エキスを含んだこちらの泡は
キメが細かく、触り心地はクリームのように滑らかです。

「渋の泡石けん」は、驚くほどの質(クオリティ)が高い泡でできています。
posted by サブ at 00:00| 渋の泡石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。