2011年02月06日

「渋の泡石けん」にたっぷりと含まれた柿渋エキス

「渋の泡石けん」を使う以前に一番大切なのが、
肌の状態を正常にする事で、ここが一番の
重要ポイントになります。

肌はとても敏感です。

肌は凄く疲れた時や、強いストレスを感じるだけで、
口内炎ができたり、ニキビができたりするほど敏感なのです。

「渋の泡石けん」を使うとしても、臭いを発生させる
土台となる肌が正常である事が重要です。

だから肌をしっかりと正常にする事が大切なのです。

そこで開発時に「渋の泡石けん」に含まれている、
果物の柿から取れる「渋みエキス」に注目しました。

日々のダメージを受けやすくなった肌を、「渋の泡石けん」を使うことで
保湿・保護してしっかりと優しく整え、正常な肌を保ちます。

加齢臭の元で、バクテリアが繁殖してできる「ノネナール」という悪臭成分は、
雑菌の影響で発生するので、シンプルに考えてみても雑菌への対応が
加齢臭を防ぐ事につながるのです。

「渋の泡石けん」は「トリクロサン」という有効成分を
「渋みエキス」に配合しているので体臭を防ぎます。

この「渋みエキス」を含むことで加齢臭のない、
サッパリした体が期待できるのです。
posted by サブ at 00:00| 渋の泡石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。